炭水化物ダイエットで飲んで良いお酒

 

炭水化物ダイエットで飲んで良いお酒

炭水化物ダイエットとは、炭水化物を食べる量を少なくして痩せるダイエット法です。

 

炭水化物を含むものを控えれば食べてもいいので、空腹感と戦わずに済み、比較的実行しやすいダイエットとして人気があります。

 

ダイエット中のお酒は太りやすいとされていますが、お酒に含まれる糖質が原因のひとつです。お酒の製造方法は醸造酒と蒸留酒と混成酒があります。

 

醸造酒は、糖質を含む果物や穀物をアルコール発酵させてつくられたお酒で、アルコール発酵させた状態のままで飲みます。ビールや日本酒、ワインやシードルなどがこれに含まれます。

 

蒸留酒は、醸造酒に含まれるエタノールを加熱し気化したものを集める工程を何度も行うことで、濃縮させてつくるお酒です。スピリッツとも呼ばれます。エタノールは蒸発する温度が低いため他のものを排除していくことができ、糖質が含まれないお酒になります。

 

炭水化物ダイエットの最中にお酒を飲むときは

 

蒸留酒を選ぶと糖質を制限することができます。蒸留酒にはウイスキー、ウオッカ、焼酎、ジン、テキーラなどがあります。アルコール度数が高いため割って飲むことがありますが、水割りや無糖の炭酸水などを選んだ方が糖質を控えることができます。

 

サワーや酎ハイ、甘いカクテルだと果汁やジュースにたくさんの糖質が含まれます。また、アルコール度数が高いと少量を割って飲むことができるので、結果的にアルコールの摂取量が少なくて済むという利点もあります。

 

ワインを飲む場合は、赤ワインの方が含まれる糖質は低くなります。赤ワインでも甘口は糖質が高いので避けて、白ワインを飲む場合は辛口のワインを選びます。ビールは糖質が高いお酒ですが、新ジャンルのビールや発泡酒の中の糖質オフ糖質ゼロを選ぶと少ない糖質量にできます。

 

ダイエット中にお酒を飲む場合は、適量を飲むことが大切です。お酒だけというのは体に負担をかけるので、ダイエットにあったおつまみにも気を配ります。