外食で出来る炭水化物ダイエット

 

外食で出来る炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットをしている場合、外食をするのはなかなか難しいと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

確かに、あまり考えることなしに普通に外食をしていては、炭水化物が多くなりがちであることは否定できません。

 

しかし、だからといって外食は炭水化物ダイエットに全く不適当かというと決してそんなことはありません。多少の工夫をすることで、十分に炭水化物ダイエットにも対応できます。

 

常に自炊やお弁当でなければならないと思っていると時間的にも大変ですし、ストレスもたまります。上手に外食を活用しましょう。

 

ダイエット中の外食

 

まず、原則論を言いますと、ご飯類、ラーメンやパスタなどの麺類、パン、さらには砂糖を多く使用しているものをできるだけ減らすことになります。ちょっと別の言い方をしますと、いわゆる定食物、セットメニューをできるだけ避けることが第一です。

 

というのも、定食物、セットメニューには必ずと言っていいほどご飯やパンなどの主食が付いています。主食なのですから付いているのは当たり前なのですが、これが炭水化物ダイエットにとっては大敵となるわけです。

 

ということで、最初に述べたように何も考えずにお店のお勧めの定食、セットを頼んでいてはいけません。しっかりとメニューを目を皿のようにして眺める必要があります。基本的には、肉や魚などメインのおかず、サラダや小鉢、それに味噌汁やスープなどをそれぞれ単品で頼むようにすることです。

 

考えてみれば単純なことで、要は定食物やセットメニューからご飯やパンなどの炭水化物を除いたものを頼めばよいわけです。もし多少物足りないようであれば、サラダや小鉢などを一品追加すればよいでしょう。

 

問題は、このような頼み方が難しいお店です。ラーメン店、どんぶり物、ハンバーガーチェーンなどではなかなかこのような頼み方が困難なことは間違いありません。ですが、それでも不可能ではありません。できるだけメインを少なめ、小さめのものを選び、代わりにサラダなどのサイドメニューで補うことを考えれば何とか対応は可能でしょう。