コンビニで出来る炭水化物ダイエット

 

コンビニで出来る炭水化物ダイエット

コンビニのメニューは炭水化物ダイエットには適さないと思われがちですが、それは間違いです。

 

コンビニにはサラダや焼き魚などの単品も売っています。これらを利用することで、効率よく炭水化物ダイエットを成功させることができます。

 

家族で食事をする人は家族と同じものを食べなければいけないので、炭水化物ダイエットはやりにくいです。

 

それに対して、単身赴任など一人で生活している人は自分が好きなものを食べることができるので、炭水化物ダイエットに取り組みやすいです。コンビニで炭水化物ダイエットメニューを選ぶときには、おにぎりや菓子パン、惣菜パン、などをはじめ、タレのかかったものは避けるようにしましょう。

 

タレには大量の砂糖が使われているからです。調味料によっては、魚や肉などの低糖質な食材でも高炭水化物食品になってしまうので、気をつけましょう。ご飯がたっぷり入ったお弁当ではなく、単品メニューを選ぶのがコツです。

 

ご飯が多いと安いのでそちらが魅力的に見えますが、これでは炭水化物の摂りすぎです。そうではなくて、塩焼きの魚、焼き鳥、サラダなどを選ぶようにしましょう。コンビニではそれぞれの店舗でゆで卵が販売されているので、いろいろなコンビニのゆで卵を食べ比べてみるのも面白いです。硬さや柔らかさ、味付けを確かめて自分好みの味を見つけてみましょう。

 

最近では肉が入ったサラダなども増えていて、これは炭水化物を減らすことができるメニューとしてオススメです。野菜から食べれば、さらに効果がアップします。ただし、サラダのドレッシングによっては糖質が多いものもあるので気をつけましょう。

 

他にも、コンビニには小さいサイズのチーズ、ハム、野菜、豆腐などが売っているのでこれを活用するといいです。スーパーは大容量のものが多いですが、コンビニでは一人暮らしサイズのものが充実しているのでこれを使うと無駄にならないでしょう。

 

また、コンビニごとに作られているレジ脇の唐揚げ、フライドチキン、フランクフルトなども食べてOKです。唐揚げやフライドチキンは衣がついているので多少糖質はありますが、きつい制限をしている人ではない限り、さほど問題にはなりません。

 

ダイエットを続けるポイント

 

最近では、低糖質の麺などを販売するお店も出てきました。次第に炭水化物ダイエッターが利用しやすい環境が整っているので、それらも組み合わせて食べれば飽きずに続けられるでしょう。続けるためには、たまに息抜きの時間を設けてあげてもいいです。

 

例えば、週末だけ炭水化物解禁日にするなどという方法です。その後もズルズルと炭水化物を摂取してしまっては意味がありませんから、解禁日以外は気持ちを切り替えて低糖質な食品を食べるようにしましょう。

 

この方法であれば、食べたいものを我慢せずに続けられるのでストレスが溜まりにくいです。たまに炭水化物を食べたとしても、炭水化物ダイエットをしていると以前よりも炭水化物で快感を感じなくなるので、安心して食べていいでしょう。