炭水化物ダイエット中は何を主食にしたら良いの?

 

何を主食にしたら良いの?

炭水化物は糖質が含まれ、噛めば噛むほど甘みを出して美味しい食事が摂れるようになります。

 

しかし、糖質を大量に摂取すればカロリーが増えて太ることになるので、ダイエットにおいては天敵とも言える食品となります。

 

炭水化物とは主にお米、パン、麺類、イモ類となるので、炭水化物ダイエットを行う場合は自然とそれ以外の食品として、魚肉類や野菜などが多くなってきます。

 

当然ながら炭水化物は主食となる食品なので、それ以外を食べていても満腹感が得られなかったり、食事として満足感が得られなくなります。魚肉類を中心とした献立では、食費が嵩みやすく金銭的な面でも長続きしなくなりますし、脂質過多になりやすく、精神的に不安定に陥るので絶対に避けなくてはいけません。

 

炭水化物を完全に断つということは生命に危険にも繋がるので、毎日少量は摂取することが必要です。だからといって白米を食べていては意味がないので、それに変わる代替品を用意することが重要になってきます。

 

おすすめの代替品

 

最も良いとされるのが玄米で、栄養素は白米の2倍の量が含まれているのにも関わらず、食物繊維も含まれているので体の調子を整えやすくもなります。また、そばライ麦パンなども糖質は少なめとなっているので、主食としては優秀な食品となります。

 

主食になり得るか問題ではありますが、こんにゃくや春雨は低カロリーで多めに摂取しても影響が少ないので、野菜などと併せて食べると体に良いようです。最近ではこんにゃくを使用した麺が販売されているので、これを利用したラーメンなどを作ると手頃な食事になります。

 

他にも豆腐おからといった大豆製品も、満腹感は得られませんが栄養素が豊富なので他の食材と一緒に摂取することで主食の代替品となり得ます。糖質を一切摂取しなければダイエットは可能ですが、ゼロにすることは不可能なので、なるべく摂取しすぎない方向で食材を選ぶのが重要です。

 

低カロリーの食材であれば、簡単に太ることはありませんが、だからといって食べ過ぎると意味がないので、摂りすぎには注意しましょう。