炭水化物ダイエットでも食べていいフルーツ

 

食べていいフルーツ炭水化物を抜く炭水化物ダイエットで唯一食べていいのは、アボカドです。

 

アボカドはあまり果物と認識されることがありませんが、立派な果物です。ただ、甘くはないので果物として食べられるかどうかは疑問です。

 

炭水化物ダイエットは基本的に糖質の摂取は避けるので、糖分が多い果物は避けます。

 

どうしても果物らしい果物が食べたいのであれば、糖質が少なめで食欲抑制効果があるグレープフルーツがおすすめです。グレープフルーツの香りは食欲抑制効果があり、食べ過ぎを防止してくれます。また、グレープフルーツはインシュリンを下げてくれる働きがあるので、血糖値の上昇を抑える対策になります。

 

他には、ビタミンCの含有量が多い果物であれば、禁止しなくても良いでしょう。例えば、いちご、パパイア、ぶんたん、キウイ、などはビタミンCが多いです。ビタミン類は代謝に必要なので、これは補っておいてもいいでしょう。

 

ただし、ビタミンやミネラルといった糖代謝や脂質代謝に必要な栄養素は、基本的に低糖質の野菜から摂取するようにします。果物はヘルシーなイメージがありますが、種類によってはホットケーキや串団子などよりも糖質が多いものもあります。バナナは糖質が多い果物の代表なので、注意しましょう。

 

どうしても甘い果物が欲しくなったら、グレープフルーツを食べるのがおすすめです。苦味成分や香り成分には食欲を抑える効果が期待できますし、カリウムが豊富なので水分代謝を促してむくみを解消してくれます。

 

グレープフルーツは、剥きながらゆっくり食べるといいです。皮をむいているときには香りの成分が多く出ているので、その香りによって食欲抑制することができます。

 

まとめ

 

炭水化物ダイエットでは、基本的には果物はNGです。どうしても食べたい場合には、食べ過ぎないように注意しましょう。特に果物ジュースなど加工してあるものは血糖値を上げやすいです。食べるにしても生のものをよく噛んで食べるようにしましょう。