MENU

「白滝冷麺」

これからの暑い季節にぴったりの「白滝冷麺」をご紹介します。炭水化物を使っていないので、
ダイエット中の方にお勧めです。

 

◎材料(2人分)
・白滝…320g(1人分160g)
・牛もも薄切り肉…100g
・卵…1個
・長ネギ…1/2本
・市販の白菜キムチ…お好きな量
・市販の焼肉のたれ…大さじ2
・白ゴマ…適量
☆鶏ガラスープ…2カップ
☆醤油と酒…各大さじ1
☆豆板醤とごま油…各小さじ1

 

◎作り方
1.白滝は一度茹でて軽くほぐし、食べやすい長さに切って氷水につけてよく冷やしておきます。
2.卵を沸騰したお湯に入れて9分ほど茹でてゆで卵を作ります。茹で上がったら殻を剥いて半分に切っておきます。
3.牛肉は一口大に切って、熱湯でさっと茹でて冷水にとり、焼肉のたれをからめます。
4.長ネギは千切りにして水にさらします。
5.☆マークの材料を全て混ぜ合わせてスープを作ります。
5.氷水で冷やしておいた白滝の水気をきり、器に盛り付けます。3の牛肉と4の長ネギ、市販の白菜キムチ、ゆで卵を乗せて5で作っておいたスープをかけます。
6.白ゴマをお好みの量振りかけて出来上がりです。

 

麺料理の中ではもともとヘルシーなイメージの冷麺ですが、白滝を使用することでさらに低カロリーな一品に仕上がっています。一般的な冷麺よりも250kcalほどローカロリーです。鶏のあっさりとしたスープと豆板醤やキムチの辛さが絶妙にマッチし、ごま油のコクと香りが食欲をそそるので夏バテで食欲がない時でもツルツルと爽やかに召し上がっていただけます。白滝は細いものでも良いですが、なるべく太めのほうがスープがよく絡み、食べごたえも増します。スープの味が薄まってしまうので、盛り付けの際には白滝の水分をしっかりときって下さい。このレシピの分量は辛さを控えめにしてあるので、辛い味がお好きな方は豆板醤の量を増やしてみたり、キムチを沢山入れるなどしてお好みの辛さに調節して下さい。逆に辛いのが苦手な方は豆板醤は入れなくても構いません。ごま油と鶏ガラでしっかりコクと旨味のあるスープになっているので、唐辛子の風味がなくても美味しく仕上がります。またキムチの代わりに市販の穂先メンマの瓶詰めなどを添えても相性が良く、美味しく召し上がっていただけます。他にも茹でたモヤシやほうれん草のナムル、チャーシューなどもよく合うのでお勧めです。お好みでお酢を少し回しかけると、爽やかさが増してより食べやすくなります。

関連ページ

鶏むね肉のほったらかし茹で鶏
炭水化物抜きダイエット効果やそのやり方と方法について説明します。外食やコンビニで食べても良い食品やまた噂されている危険性や脳への副作用などについても検証し、実際に体験した方のブログも紹介
野菜満載冷やし中華
炭水化物抜きダイエット効果やそのやり方と方法について説明します。外食やコンビニで食べても良い食品やまた噂されている危険性や脳への副作用などについても検証し、実際に体験した方のブログも紹介
キャベツたっぷり豆腐お好み焼き
炭水化物抜きダイエット効果やそのやり方と方法について説明します。外食やコンビニで食べても良い食品やまた噂されている危険性や脳への副作用などについても検証し、実際に体験した方のブログも紹介
「豆腐ピザ」
「豆腐ピザ」
厚揚げとブロッコリーのツナマヨグラタン
厚揚げとブロッコリーのツナマヨグラタン
「あんかけ白滝ラーメン」
「あんかけ白滝ラーメン」
「あんかけ白滝焼きそば」
「あんかけ白滝焼きそば」
「厚揚げサンドイッチ」
「厚揚げサンドイッチ」
「豆腐のミルクがゆ風」
「豆腐のミルクがゆ風」
「豆腐団子」
「豆腐団子」
「豆腐団子のすいとん汁」
「豆腐団子のすいとん汁」
こんにゃく麺を使った簡単レシピ
こんにゃく麺を使った簡単レシピ
「ピザ風オムレツ」
「ピザ風オムレツ」
「白滝のトマトスープパスタ風」
「白滝のトマトスープパスタ風」